取り扱い業務

ホーム > 取り扱い業務 > 中小企業法務

中小企業法務

我々は中小企業のサポートに全力を尽くします

顧問料 月額:15,000円〜

中小企業こそ法的サポートが必要です

 日本の経済の基礎を支えているのは、実際に製品やサービスを生み出している中小企業の皆様だと思います。

 しかし、中小企業の方々からの相談をお受けすると、不備な契約書や覚書を交わしたばかりにいざという時に損失を蒙ったり、本来なら有効にできる解雇なのに手続を間違えたばかりに多額の和解金を支払わされたりと、事前に一相談をしていただいていれば、という事案が多々あります。また、売掛金などの債権の確保についても無防備な場合が多いです。

 中小企業こそ、節目節目で法的サポートを受けることが重要です。転ばぬ先の杖として、また問題が起きたときに被害を最小限に食い止めるためのサポートとして、当事務所をご利用下さい。

当事務所に依頼するメリット

 当事務所の弁護士構成はベテラン・中堅・若手と非常にバランスのとれたものとなっています。したがってある事件を1人の弁護士が処理する場合も1人の弁護士の判断・考えだけではなく様々な経験を持つ他の弁護士の有用な意見・アドバイスと取り入れて事件を処理することが可能となっています。また,1人の弁護士による事件処理では対応できない事件の場合にはチームを組んで事件処理をすることも可能な体制も整っています。

 当事務所では特に中小企業における予防法務の重要性を共通認識としてもっていますので,顧問になった場合にはできる限り優先的に相談や事件処理をしたいと考えています。また,会社の業務に関連する相談に限らず,会社の従業員の個人的な相談,知り合いの個人的な相談等も紹介をしていただければ積極的に対応したいと考えています。加えて,月々の顧問料に関しても中小企業のご負担にならない程度の料金設定を検討したいと考えています。

 顧問をしてくれる弁護士をお探しの中小企業の代表者の方は是非一度当事務所にご相談ください。

予防法務の重要性

 中小企業の場合には知り合いに弁護士がいないためか,例えば重要な契約であるにもかかわらず,契約書を作成していないとか,相手が作成した契約書を何の確認もせずに契約を締結し,後に紛争になることがよくあります。 事前に弁護士に相談をしていれば後に紛争にならなかったであろうと考えられる事件も数多く存在することも実情です。特に中小企業の場合には一つのミスが致命傷となり破産に追い込まれるケースもないとは言えません。中小企業といえども法律的な問題を含む取引を頻繁に行っている以上は,日々気軽に相談できる弁護士がいることは安心して仕事ができるとともに将来の紛争を防止することにも繋がるといえます。 

 契約書の作成・確認などをしてもらい予め事前に紛争を予防することに力を入れていきたいとお考えの中小企業の方は是非一度当事務所にご相談ください。